TOP

生駒市の内科・循環器内科 カズクリニック

高血圧ってなあに?

高血圧とは、血圧がある程度の範囲を超えて高く維持されている状態です。高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。高血圧を放っておくと、常に血管に圧力が加わって、動脈が傷みやすく動脈硬化の原因になるのが大きな問題です。

血圧って何ですか?

血圧は血液が血管の中を流れるとき血管の壁に当たる圧力です。

●最大血圧(収縮期血圧)
心臓が収縮して全身に血液を送り出す時に血管に加わる最大の圧力です。
●最小血圧(拡張期血圧)
心臓が拡張して全身に送り出した血液が心臓に留まる時の最小圧力です。


高血圧の定義

一般的に高血圧とは、病院や健診施設などで測定した血圧値が、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上(140/90mmHg以上)の状態をいいます。 自宅で測定する家庭血圧では、それより低い135mmHg以上または85mmHg以上(135/85mmHg以上)が高血圧とされます。

降圧目標

家庭血圧
若年、中年、前期高齢者患者 135/85mmHg未満
後期高齢者患者 145/85mmHg未満
(忍容性があれば135/85mmHg未満)
糖尿病患者 125/75mmHg未満
慢性腎臓病患者 125/75mmHg未満
脳血管障害患者、冠動脈疾患患者 135/85mmHg未満

高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)より改変

どうして高血圧になるの?

人類は誕生以来、太陽が昇るとコルチゾール(ストレスホルモン)が上昇して日常の活動に入るため交感神経を緊張させ血管を収縮させます。血圧が上昇して覚醒、脳や体の運動機能が活性化されます。
生きていくためには狩りに出て動物を仕留めないと生活は成り立ちません。獲物と対峙したらアドレナリンが出て戦闘モードになり、ますます血圧や脈伯が上がり脳の必要な糖も分配されます。現代人も仕事に行ったり育児や介護、学校にいく際にもこのメカニズムが必要なのです。
人の血圧は刻一刻と変化しています。朝、緊張している時やストレスがかかっている時には血圧が上がりますし、夜リラックスしている時には、低くなります。ですから、一度血圧を測って高かったからと言って、すぐに高血圧とは診断をつけませんし、その後に基準値内に下がれば、一概に高血圧とは言えません。

現代人を取り巻く高血圧の危険因子


高血圧・動脈硬化が及ぼす影響

高血圧の状態が続くと血液を高い圧力で送り出している心臓が多くのエネルギーを必要とし、疲弊しやすくなります。つまり高血圧は、血管や心臓などの臓器に障害をもたらすのです。その結果、心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。また毛細血管に動脈硬化が起こって血流が悪くなり、腎臓の働きも低下してしまいます。
高血圧そのものは無症状のことが多いので、日々の血圧測定や健康診断などを通じて早期に発見し、早めに対策を打つことが大切です。